傾向と流れ | 矯正治療とホワイトニングのトレンドの現状とは

矯正治療とホワイトニングのトレンドの現状とは

高度な技術を持った歯科で治療を受ける

傾向と流れ

矯正治療費の金額傾向について

矯正歯科治療の費用については治療に使用する矯正装置によって大きく変動します。コストが低いメタルブラケットは平均費用は60万円であり、コストが高いリンガルブラケットは100万円とされています。これらは使用される材質や医師に要求される技術の差によって金額が変動するようです。 傾向としては審美性に優れた矯正装置などは金額が高くなりやすいと言われています。審美性の高い装置は高度な技術を要し、ワイヤーやブラケットなども審美性の高い材質を使用しています。それでも、矯正歯科治療を受ける大半の患者が成人以上であることから、このような審美性に優れた矯正装置というものは人気が集まるようです。 また、歯科医院によっても金額に差があるため、治療を受ける前に複数箇所の歯科医院を下調べしておくことをおすすめします。

矯正治療の歴史と抜歯

矯正歯科治療の歴史は最古のものでは紀元前と言われ、エストニアなどでは当時使用されていた矯正器具が出土したという報告があります。当時の人々はすでに矯正歯科治療に興味があり、歯列を整えるための矯正装置を開発していたことがわかります。 現代の矯正学の基礎は今からおよそ100年前に出来たとされ、歴史はそれほど深いものではありません。また、矯正学の発展がきわめてゆるやかに行われたことから、現在でも抜歯を必要とする治療が頻繁に行われています。 実は矯正治療における抜歯については賛否両論があり、現在も甲乙つけがたい状況にあります。それでも、新たな矯正装置の開発により少しずつ抜歯のリスクは低くなってきたように感じます。また、抜歯を極力行わない歯科医院や歯科医師が年々増えてきたようにも感じます。